腰痛・肩こりがもたらす経済損失とは…?

LINEで送る
Pocket

みなさん、こんばんは!

 

急に気温が下がってきましたが、体調管理は行えていますか?

 

今朝のニュースで、

「健康ゴールド免許」の話が取り上げられていました。

 

この案は2020年以降の社会保障改革のビジョンとして

自民党の若手議員の方々の中で挙げられた提言だそうです。

 

朝日新聞によると

「健康ゴールド免許」は

「定期検診などで健康管理に努めた人を対象に、

医療保険の自己負担額を2割に引き下げる」というもの。

 

まだまだ提言されたばかりのものですが、

早くも賛否両論あるようです!

 

いずれにせよ、膨らむ医療費の削減が急務であることは

間違いありません!!

 

 

 

 

本日は「肩こり・腰痛がもたらす経済損失について」

書きました!

 

 

 

腰痛や肩こりが、

仕事のパフォーマンスをどのくらい下げていて、

最終的にどのくらいの経済的な損失になっているのか?

 

 

gojyuu

 

 

 

健康日本21推進フォーラム は、

健康な時の自分の仕事のパフォーマンスを100点満点として、

健康状態による不調時の得点を自己評価をする調査を実施。
 健康日本21推進フォーラム「疾患・症状が仕事の生産性等に与える影響に関する調査」

 

 

集計をとると、

腰痛、首・肩こりがあると

生産性は平均でおよそ70点まで下がり、

やる気や集中力も65点まで下がることがわかりました!!

コミュニケーション能力も73点まで下がっています!

 

 

 

つまり、日本の社会人は、

腰痛や肩こりが原因で

さまざまな仕事のパフォーマンスが

約30%も下がってしまうということなんです!!
では、お金に換算すると

一体いくらになるのか??

 

 

在日米国商工会議所(ACCJ)が行った調査によると、
在日米国商工会議所「疾病の予防、早期発見および経済的負担に関する意識調査」報道資料

 

「病気・ケガによる経済的損失額は約3.3兆円

慢性的疼痛および精神疾患が経済的損失の2大要因」

と報告されています。

 

 

ここで言う「慢性的疼痛」がまさに、

背中、首、肩などの慢性的な痛み、

偏頭痛、関節炎等のこと(疾病の後遺症なども含まれます)なのですが、

 

労働生産性の低下による

経済的損失を引き起こす要因を疾病別に見てみると、

 

この慢性的疼痛が原因の45%近くを占めているのです。

 

 

 

この実態をさらに詳細に分析してみると、

日本全体での慢性的疼痛による経済的損失額が試算されます。

 

 

 

その試算額は…なんと、約3600億円!
(治療費などの経済負担は含まないもの)

 

これに医療費が加算されることを考えると、

恐ろしいですよね…

 

 

 

 

 

このように仕事をして、

生産性の高い方々が腰痛・肩こりに悩まされ、

仕事のパフォーマンスが低下していることが経済損失につながっているのです!!

 

 

いかがでしょうか??

 

 

 

肩こり・腰痛は日々の生活習慣・仕事環境などなど、

積み重ねが引き起こすものが殆どです!!

 

 

 

身体のメンテナンスをすることが、

仕事のパフォーマンスアップ、生産性向上へと

繋がっていきます!!

 

 

 

身体のメンテナンスで重要なことは、

自分自身の身体の特徴を知ることです!!

 

 

 

 

KIZUKIのボディコンサルティングでは、

身体のことについての

プロ中のプロ

理学療法士の資格を有したスタッフが、

医学的な観点から

あなたのゆがみを分析していきます!!

 

 

 

 

定期的なメンテナンスを始めてみませんか??

 

 

 

お気軽にお問い合わせください!

 

 

 

カラダにキヅク、ココロにキヅク♪

 

 

Body Consulting Station KIZUKI
〒812-0046
福岡市博多区吉塚本町13-44
Tel:0926415255