〜腰痛の原因は座り方にあり?Active Sittingのススメ〜

LINEで送る
Pocket

みなさん、こんばんは!

 

 

Body Consulting Station KIZUKIの稲積です。

 

 

本日も身体・健康にまつわる情報をお届け致します!

 

 

本日は「〜腰痛の原因は座り方にあり?Active Sittingのススメ〜」

についてです!!

 

 

長い時間座りっぱなしだと、

 

腰が痛くなることは、ほとんどの方が

経験されていますよね??

 

 

 

長時間の座位保持姿勢は、

背中の筋肉がずっと緊張したままの状態となり、

腰痛を引き起こす一つの要因であります!

 

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-17-18-02-48

図:筋骨格系のキネシオロジーより抜粋

 

さらに、座り方にも注意が必要で、

Aのような姿勢では、腰椎が後弯しており、

S字弯曲が取れていませんし、

体重の赤いラインより背骨のラインが遠いため、

肩こりや腰痛を引き起こしやすい姿勢です。

 

Aのような座り方はPassive Sittingと言います。

 

 

 

 

これに対しBは、

腰椎の前弯が保たれており、

背骨のS字弯曲が綺麗に取れています。

体重の赤いラインと背骨のラインも重なるようになり、

余計な力がかかりにくく、腰痛・肩こりが起こりにくい姿勢です!

 

Bのような座り方はActive Sittingと言います。

 

 

 

いずれにしても、

長時間の座位保持姿勢では、

背中の筋肉や、股関節周りの筋肉の硬さが生じやすくなります。

 

 

 

Bのように腰椎の部分にクッションを当てるなど工夫して、

Active Sittingを心がけましょう!!

 

 

 

 

悩める腰痛は、

普段の生活環境に合わせた

身体の使い方

 

にあります。

 

 

 

普段の座り方、

ぜひチェックしてみてくださいね!!

 

 

 

 

カラダにキヅク、ココロにキヅク♪

 

 

 

Body Consulting Station KIZUKI
〒812-0046
福岡市博多区吉塚本町13-44
Tel:0926415255