【事例紹介】〜ジュニアのボディコンサルティング&トレーニング〜

LINEで送る
Pocket

みなさん、こんにちは!

 

 

Body Consulting Station KIZUKIの稲積です。

本日もここ福岡市博多区吉塚より

店舗情報、身体・健康にまつわる情報をお届け致します!

 

 

 

本日は、先日ジュニアのボディコンサルティングとトレーニングで

ご来店頂いた方について紹介させて頂きます。

 

 

 

13才 男子

スポーツ:硬式テニス

 

 

 

ご来店頂いているお客様の息子さんで、

「姿勢も気になるし、一度見て欲しい」

ということでご来店。

 

 

本人の自覚として、

「すぐ転んでしまう」

「膝が硬い」

ということがありました。

 

 

 

 

 

仰向けになってみると、

膝が真っ直ぐ伸びずに少し曲がっている状態

 

 

 

 

これは腰部と臀部、

太ももの筋肉の過剰な緊張によるものでした。

 

骨盤の位置関係を修正すると、

膝は真っ直ぐに!

 

 

どうやら骨盤がゆがんでいることが原因!?

 

 

 

 

 

 

立っている姿勢を見てみると、

右側の骨盤の位置が下がり、

右側が前方に傾いている

 

 

 

 

 

 

次に動作チェック

 

片脚立ちでは右側の不安定さが顕著にあり

 

 

フォワードランジ(前方ステップ動作)では

右膝が内側に入りやすい動き方をしていました!

 

全体的に右脚の安定性や力の入りにくさに問題が!

img_8497

 

写真では少し分かりにくいとは思いますが…

このように膝が内側に入りやすい場合は、

要注意のサインです!

 

 

膝関節の重篤なケガにつながる恐れがある動き方なんです!

 

 

また、足部機能の問題がある場合も

このように膝が内側に入る動き方をします。

 

そこで足の裏を見てみると、両側ともに扁平足!

 

 

特に右足の機能に問題があり、

足の指の筋肉が左よりも使いづらい状態でした!

 

 

 

本人もこの状態には気づいてなかったようです!!

 

 

 

後足部の関節位置調整と足趾のトレーニング

を行って行くと

先ほどのフォワードランジ(前方ステップ動作)での

動き方に変化が!

 

 

img_8503

 

 

片脚立ちのしやすさも実感できていたようです。

 

 

 

 

問題だった骨盤のゆがみは右足の機能低下が原因でした。

 

転びやすいのも、

右足の機能低下により、

右脚で踏ん張りづらくなっているためではないかと考えます。

 

 

セルフエクササイズをお伝えしたので、

次回来られた際に再度チェックですね!!

 

 

 

 

成長期における身体の使い方は

とても大切なことだということは

みなさん良くお分かりですよね!?

 

 

しかし、ただ単に「姿勢が悪いから直す」といったように

漠然としたままの状態になっている方も少ないくないようです!

 

 

 

一度当店にお越し頂き、

身体のゆがみをチェックしてみませんか??

 

 

 

また、身体のお悩みについて、

お子さんの姿勢について、

お気軽にご相談くださいね!!

 

 

カラダにキヅク、ココロにキヅク♪

 

 

理学療法士考案の整体・ヨガピラティススタジオ
Body Consulting Station KIZUKI
〒812-0046
福岡市博多区吉塚本町13-44
Tel:0926415255

「肩こり」「腰痛」「ひざ痛」「ゆがみチェック」「少人数制ヨガ・ピラティス」