悩める肩こりに!下あごストレッチで気分スッキリ!!

LINEで送る
Pocket

みなさん、こんばんは!
Body Consulting Station KIZUKIの稲積です。
本日もここ福岡市博多区吉塚より店舗情報、身体・健康にまつわる情報をお届け致します!

本日は、『悩める肩こりに!下あごストレッチで気分スッキリ!!』についてです!

 

 

正常な頸部の筋肉の走行は図のような状態。

 

スクリーンショット 2016-07-27 15.42.01

Gwendolen Jull:頸部障害の理学療法マネージメント,2009

 

 

頭の重さは

首の筋肉の短いロープ
長いロープの釣り合い

によって支えられています。

 

デスクワークによる同一姿勢の保持が続くと、
身体に対して頭の位置が前方に来てしまい、ロープの釣り合いが上手く取れず、
部分的な緊張や偏りが生じ肩こりとして感じてしまう
のです。

 

そのような環境は、仕事上避けることができない方も多いはずです。
なので、仕事の合間に少し身体を動かす習慣を付けることが、自分自身の身体を守るためにもとても大切です!

 

頸部の筋肉の走行を考えると、
頭の位置を良い位置に持って来れば、肩こりが起こりにくくなるはずです。

 

 

頭の位置を良い位置にもってくるためには?

そのためには頚椎の可動域はもちろん、頚椎上での頭部の可動域が必要になります!

 

 

頚椎上での頭部の動きを引き出す効果的なストレッチ!

ポイントは「下あご」

 

①まずは、骨盤・背骨を真っ直ぐ起こして座ります。

img_8541
この姿勢では力まずに、肩の力を抜きましょう!

 

 

②そこから、首の前に位置する筋肉を引き伸ばすように、下顎を前方に突き出していきます。

※5秒かけてゆっくり行う

img_8542
しっかりと、首の前の筋肉がストレッチされている感覚を感じ取りましょう!

 

 

③次は下顎を引いていきながら、首の後ろの筋肉をストレッチしていきます。

※5秒かけてゆっくり行う

img_8543

 

 

ストレッチのポイント

首の動きはなるべく少なくすること。

あくまで、下あごを動かすストレッチです!
このように顎を十分に前に出し、また、十分に引いていくことで
頸部の短いロープの筋肉たちを刺激することができ、頚椎上での頭部の動きを獲得しやすくなります!!

 

もしわかりにくい方は、下顎に指を当てながら行うと、わかりやすくなりますよー!

 

首・肩周りが楽になったり、目が開きやすくなったりすると、しっかり効果が出ていると言えます!

ぜひ実践してみてください!!!

 

 

 

理学療法士考案の整体・ヨガピラティススタジオ
Body Consulting Station KIZUKI
〒812-0046
福岡市博多区吉塚本町13-44
Tel:0926415255

「肩こり」「腰痛」「ひざ痛」「ゆがみチェック」

「少人数制ヨガ・ピラティス」「ダイエット」「ストレッチ」