肩こり改善には首の動きが重要!!~斜角筋と肩

LINEで送る
Pocket

Body Consulting Station KIZUKIの近藤です!

本日もここ福岡市博多区吉塚より店舗情報、身体・健康にまつわる情報をお届けします!!

 

 

さあ!!肩こり筋肉シリーズ第7弾です!!

 

本日の内容は、

『肩こり改善には首の動きが重要!!~斜角筋と肩こり~』

 

 

斜角筋は、首と肋骨をつないでいる筋肉で、

肩こりや首こりに非常にかかわっている筋肉の一つです。

 

 

斜角筋は、3部分から構成されていて、

その間を神経と血管が通過していきます。

 

 

この筋群は一見肩こりとは関係ないように思えますが、

首の動きを制限し、

 

 

その結果、

肩甲骨が動きづらい状態となってしまい、

肩こりという現象を起こしてしまう可能性があります。

 

 

 

 

基本情報

斜角筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前斜角筋

起始:第3~7頚椎横突起の前結節

停止:第一肋骨前斜角筋結節

 

中斜角筋

起始:第2~7頚椎横突起後結節

停止:第一肋骨鎖骨下静脈溝の後方

 

後斜角筋

起始:第4~7頚椎横突起の後結節

停止:第2肋骨外側面

 

 

前斜角筋と中斜角筋の間に、斜角筋隙という空間が存在し、

その空間を腕に向かう神経や血管が通過します。

 

 

 

この筋肉が硬くなったりしてしまうと

その神経・血管を圧迫してしまうことがあります。

 

 

 

その為、

肩~手にかけてしびれや痛みを伴うことがあります。

 

 

 

これは『斜角筋症候群』と呼ばれます。

 

 

 

 

また、体幹が硬く胸郭・腰の動きが悪いことで、

顎を前に突き出したような姿勢となってしまい

斜角筋が硬くなってしまうことがあります。

 

 

 

 

そこで、首の動きを改善するための

体幹の可動域を向上させる運動をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

改善方法

体幹ゆらゆら体操

胸郭・骨盤の可動性を向上させるために、

横方向に体をゆらゆらと動かします!

IMG_8709

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動きで胸郭の可動性を向上させていくことで、

背骨の動きが改善していき、

頭・首の位置関係が修正され、

 

筋肉の緊張が緩和し

肩こりのない体を作ることができます。

 

 

 

是非、お試しください!!

 

 

 

身体のことでお悩みがある方は是非、

KIZUKIへお越しください♫

 

 

 

 

カラダにキヅク、ココロにキヅク

 

 

 

Body Consulting Station KIZUKI
〒812-0046
福岡市博多区吉塚本町13-44
Tel:092-641-5255

KIZUKIのキャッチコピー
初回の方限定
  • コンディショニング
  • パーソナルトレーニング
  • 少人数制ヨガ
  • ウイメンズヘルスコンサル
オールインワンプラン
LINEはこちら
外観写真
カラダにキヅク、ココロにキヅク♪
Body Consulting Station KIZUKI
〒812-0046福岡市博多区吉塚本町13-44