肩こりは自律神経が関係!!~生活で注意することとは?~

LINEで送る
Pocket

Body Consulting Station KIZUKIの近藤です!

本日もここ福岡市博多区吉塚より店舗情報、身体・健康にまつわる情報をお届けします!!

 

 

さあ!!本日は、肩こりと自律神経の関係です!!

 

本日の内容は、

『肩こりは自律神経が関係!!~生活で注意することとは?~』

 

まだまだ暑い日が続いていますね!

 

だからと言って、冷房が入った部屋で涼しく過ごしていませんか?

 

冷房の効きすぎた部屋にいると、

 

肩こりや腰痛、体のだるさなど様々な症状の原因となってしまいます。

 

なぜでしょうか?

 

ヒトの体には、

 

一定の状態に調整している『自律神経』が存在します。

 

自律神経 解剖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この神経は機能の違いによって、

 

『交感神経』と『副交感神経』に分かれ、

 

『交感神経』は、やる気や元気の状態を作り出す神経で、

 

『副交感神経』はリラックスする状態を作り出す神経です。

 

自律神経

 

 

 

 

両神経が、バランスを取りながら働き体の環境と整えています。

 

 

暑い時期は、体温を下げる方向に、

 

寒い時期は、身体を温める方向に勝手に調整してくれます。

 

体温調節

 

 

 

 

 

 

しかし、外気温が一定の部屋にいるとその機能が衰えてきます。

 

さらに、

 

冷房などの刺激によって、

 

交感神経が過剰に働いてしまい、

 

血管が収縮し血流が滞ってしまい、

 

筋肉が緊張し肩こりを起こしてしまいます。

 

身体を冷やしすぎてしまうと体はそれ自体がストレスとなり、

 

緊張状態が続いてしまい、肩こりを起こしてしまいます。

 

解決策

 

一番のポイントは身体を温めましょう!

 

 

1.適度な運動は、体を温める効果があります!

 

2.冷たい飲み物はできるだけ控えましょう!

 

冷たいものを飲むと体が冷えてしまい、

 

熱を逃がさないようにするため、

 

交感神経が過剰に働いてしまい、

 

血流が悪くなってしまいます。

 

そのため、常温の水などを飲むことで体の冷えは改善します。

 

3.呼吸に注意しましょう。

 

呼吸は無意識的な運動ですが、

 

交感神経優位であると

 

呼吸が浅くなってしまいます。

 

息をゆっくり吐くことで、副交感神経優位となり、

 

緊張状態が緩和されて血流がよくなってきます。

 

呼気

 

 

 

 

 

 

4.お風呂の温度に注意しましょう!

 

38~40度のお風呂で副交感神経が優位となります。

 

以上のように、

 

交感神経の過活動を抑制することで、

 

肩こりの症状は軽減してきます。

 

血流がよくなることで、

 

肩こりが緩和してきます。

 

肩こりなどの症状は、様々な要因で起こります。

 

今回はその一つである自律神経について書いてみました!

 

疲れを取るときに役に立ちますので、

 

是非試してくださいね!

 

身体や生活習慣のことでお悩みがある方は是非、

KIZUKIへお越しください♫

 

 

 

 

カラダにキヅク、ココロにキヅク

 

 

 

Body Consulting Station KIZUKI
〒812-0046
福岡市博多区吉塚本町13-44
Tel:092-641-5255

KIZUKIのキャッチコピー
初回の方限定
  • コンディショニング
  • パーソナルトレーニング
  • 少人数制ヨガ
  • ウイメンズヘルスコンサル
オールインワンプラン
LINEはこちら
外観写真
カラダにキヅク、ココロにキヅク♪
Body Consulting Station KIZUKI
〒812-0046福岡市博多区吉塚本町13-44