腰痛の原因は他部位にあり!!~股関節と腰痛の関係~

LINEで送る
Pocket

Body Consulting Station KIZUKIの近藤です!

 

本日もここ福岡市博多区吉塚より店舗情報、身体・健康にまつわる情報をお届けします!!

 

さあ!!股関節と腰痛の関係です!!

 

本日の内容は、

 

腰痛の原因は他部位にあり!!~股関節と腰痛の関係~

股関節

 

 

 

 

 

 

 

 

 

背骨と股関節は密接に関係しあい、

 

どちらか一方が障害されると

 

もう一方も障害されます!

 

このことを

 

Hip-Spine syndrome といわれます。

 

実際に、

 

股関節の可動域と腰痛の関係性を調べた研究において、

 

座位時腰痛群が、

 

股関節屈曲可動域とSLRが低下していると報告されています(中野:2008)。

 

このように、

 

股関節動く範囲の制限によって、

 

腰痛が起こってしまうことがあります。

 

なぜでしょう?

 

 

股関節は、

 

肩関節に比べると劣りますが、

 

可動範囲が大きい関節です!

 

この可動域が制限を受けると

 

他の部位で

 

可動域を担保しなくてはなりません。

 

また、

 

荷重の伝達にも作用し

 

体重や床反力という力を

 

体幹や下肢に伝える機能も持っています!

 

荷重伝達

 

 

 

 

 

 

 

 

この股関節の可動域は、

 

股関節屈曲とSLRの制限があるということは、

 

股関節後面と大腿後面の筋が硬い可能性があります。

 

股関節の後面にある筋肉は、

 

殿筋群や深層の回旋筋

 

大腿後面にある筋は、

 

ハムストリングスです!

 

ハムストリングスが硬くなってしまうと

 

骨盤が後傾し腰椎が後弯してしまいます。

 

そうすると、

 

背骨の彎曲がなくなり、

 

荷重の伝達や緩衝機能が低下し

 

過剰な負荷がかかることがあります。

 

また、

 

骨盤の後傾や腰椎の後弯によって

 

背部の筋肉が伸張されてしまい

 

過剰に収縮し腰痛が起こる可能性があります!

後継

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、

 

股関節の動きを確保することは、

 

腰椎の過剰な負担を防ぐために重要です!

 

改善法一例

 

以前テレビでも紹介されていた、

 

 

7~8割の人が腰痛が改善したといわれる

 

ストレッチ方法の一例をご紹介します!

 

タオルで脚上げ

 

タオルで足上げ

 

 

 

 

 

 

 

ひざを立てひざ小僧にタオルをかける。

続いて、タオルを片足のつま先に引っかける。

  1. ひざを伸ばしたまま、手の力でゆっくりと脚を持ち上げる。ひざを伸ばすのが難しい人は 大きめのバスタオルを使用してください。また、反対側の脚のひざを立てて行っても 構いません。
  2. この状態で全身の力を抜き、6回深呼吸。終わったら足を下ろす。 これを左右1回ずつ×3セットが目安です。

 

目標:下ろしている脚のひざを伸ばした状態で、上げている足裏が天井を向くようになること。

 

 

 

ストレッチは無理のない範囲で。

とにかくリラックスが大事です。

体がリキまないように、 深呼吸を続けながら行ってください。

 

 

 

 

効果UPのカギは、

入浴後や就寝前などの「夜」に行うこと。

 

 

※体を痛めることのないよう、無理のない範囲で行ってください!

 

※痛みがあるもしくはしびれがある人は

神経のトラブルなどを抱えている可能性があります。

その場合は、整形外科などを受診して、

医師の指導を受けてください。

 

無理のない範囲で継続して行うことが重要です!!

 

 

是非試してみてください!!

 

 

身体や生活習慣のことでお悩みがある方は是非、

KIZUKIへお越しください♫

カラダにキヅク、ココロにキヅク

Body Consulting Station KIZUKI
〒812-0046
福岡市博多区吉塚本町13-44
Tel:092-641-5255

KIZUKIのキャッチコピー
初回の方限定
  • コンディショニング
  • パーソナルトレーニング
  • 少人数制ヨガ
  • ウイメンズヘルスコンサル
オールインワンプラン
LINEはこちら
外観写真
カラダにキヅク、ココロにキヅク♪
Body Consulting Station KIZUKI
〒812-0046福岡市博多区吉塚本町13-44