ケガをしないためのランニングシューズの選び方~足の機能編~

LINEで送る
Pocket

皆さん、こんばんは!!

 

Body Consulting Station KIZUKIの近藤です♫

 

本日もここ福岡市博多区吉塚より 肩こり・腰痛、その他健康にまつわる情報、店舗情報をお届けして参ります!

 

本日の内容は、

 

ケガをしないためのランニングシューズの選び方~足の機能~」です。

 

2日間にわたり足の特徴と靴の特徴についてお伝えしてきましたが、

 

特徴を踏まえたうえで、

 

ご自身の足がどのくらいの機能があるかで

 

さらに選択する靴の幅が出てきます。

 

そこで本日はその足の機能がどういうものかをお伝えします。

 

人間の足は26個の骨とそれをつなぐ靭帯や動かす筋肉で

 

構成されアーチ(土踏まず)を形成しています

20151128_1401024

 

足部に備わっている機能とは??

 

足部には2つの機能が備わっており、

 

2つの機能が交互に働くことで歩いたり、走ったり、跳んだりができるのです。

 

医学的には、

 

トラス機構(Truss mechanism)」と「ウィンドラス機構(Windlass mechanism)

 

と呼ばれています。

 

 

yjimageTZ0AD3ND

トラス機構とは

 

体重をかけた時に足のアーチが降下し、体重をかけた時の衝撃を緩衝してくれる

 

「衝撃緩衝機能」のことをいいます。

 

ウィンドラス機構とは

 

足の指が反ることで足の裏の膜や筋肉が引き伸ばされ、それが元の状態に戻ろうとする事で前方への推進力を作り出してくれる

 

「推進力向上機能」のことを言います

 

では、なぜ、必要なのか??

 

米国足病医協会の調べによると、

 

ゆっくり歩く時でも足にかかる重さは、体重の1.2倍。

 

走っているときは約3倍、ジャンプは約6倍とされています。

 

60kgの方であれば一歩ごとに72kgの負荷が足にかかります。

 

人間は

 

1日に平均約6.5キロメートル(歩数にして約7.500歩)歩いているといわれているので、

 

単純計算すると

 

1日540トンの重さが足にかかっていることになります。

 

アーチ機能がなくなると・・・

 

この衝撃が身体全体を襲うことになるのです!!

 

あなたの足はどうなっていますか??

 

座っていて立ち上がった時、極端に足が潰れていませんか??

 

2012_0221_001

 

 

 

 

 

こんな症状がある方は・・・

 

落ちたアーチを適切にサポートしてあげる筋肉をつけるか、

 

パット(インソール)で補うことが一番の解決策です。

 

KIZUKIでは、医学的根拠に基づいたゆがみチェック

 

筋肉・関節の機能を高めるコンディショニング

 

足の問題に合わせたインソールの作成も行っています。

 

また、最近では、自宅内でも足のサポートができる商品も発売しておりますよ!!

 

カラダのゆがみなどに関してお悩みがある方は、

 

KIZUKIへお越しください♫

KIZUKIではLINE@も開設しております

ID:vyp0802c

☆オトクなキャンペーン情報の発信

☆レッスンや施術のご予約に

☆トレーニングなどのご質問、情報交換 などなど!

ぜひお友だちになりましょう

カラダにキヅク、ココロにキヅク

Body Consulting Station KIZUKI

〒812-0046 福岡市博多区吉塚本町13-44

TEL:0926415255

KIZUKIのキャッチコピー
初回の方限定
  • コンディショニング
  • パーソナルトレーニング
  • 少人数制ヨガ
  • ウイメンズヘルスコンサル
オールインワンプラン
LINEはこちら
外観写真
カラダにキヅク、ココロにキヅク♪
Body Consulting Station KIZUKI
〒812-0046福岡市博多区吉塚本町13-44