間違っている!?外反母趾に大きい靴 ~きっちり対応して悪化を予防しよう!!~

LINEで送る
Pocket

皆さん、こんばんは!!

 

Body Consulting Station KIZUKIの近藤です♫

 

本日もここ福岡市博多区吉塚より 肩こり・腰痛、その他健康にまつわる情報、店舗情報をお届けして参ります!

 

本日の内容は、

 

間違っている!?外反母趾に大きい靴!

   ~きっちり対応して悪化を予防しよう!!~

 

先日は、外反母趾について病態や原因についてお伝えしましたので、

 

本日は、その対応方法と予防についてお伝えしていきます。

2016-06-13_090139

 

外反母趾で靴に悩まされる方の多くが

 

外傷や機能不全により足のアーチが潰れ、

 

偏平足や開帳足といった状態となった結果、

 

靴が窮屈に感じたり、

 

痛みを感じたりしているようです。

 

では、痛くないように少し大きめで圧迫しない靴を履けば良いのでは?

 

といった考えもあるでしょう。

 

確かに間違いではありません!!

 

圧迫して、痛い状態では歩くのも苦痛で生活できなくなってしまいます。

 

しかし、

 

大きい靴を選択するとフィット感が少なく、靴の中で足が動きやすくなることで、

 

足の機能不全 → アーチ低下 → 変形の悪化

 

につながる可能性もあります。

04_13_img04

 

では、どういったポイントに注意が必要なのか??

 

外反母趾の靴選びポイント

1.指が自由に動かせるほどのゆとりが指先にあること(捨て寸0.5cm程度)

 

2.親指の付け根が圧迫されていないこと

(中敷きの幅と足幅が合っている。靴を履いて試し歩きをした際に圧迫感を感じないこと)

 

3.踵のサポートがしっかりしており、甲にフィット感があること

(ヒールカウンターがしっかりとしているか、紐を絞めた時に靴の中で足が動かないか)

 

靴にはゆとりが必要な部分しっかりフィットさせることが必要な部分があります。

 

間違った靴選びをすると足のトラブルを引き起こし、症状の進行を早める危険もあります。

 

 

足の機能も向上が必要!?

 

足が悪くなったり、痛くなったりした原因を靴のせいばかりにする人がいますが、

 

機能低下を起こした自分の足の悪さにも半分責任があります。

 

04_13_img01

では、どうすればいいのか??

 

おススメは・・・

 

ワイパー運動

944F199E-3292-4F79-B715-4EF4E3BBFF20

 

足の指を広げる運動

Escala_20150312_4587794_1

 

以上2つです。

 

足の機能もしっかり上げていくことで履ける靴のバリエーションも増えていきます。

 

足と靴、両方がバランスよく機能することが一番理想です!!

 

KIZUKIでは、

 

医学的根拠に基づいた身体の歪みチェックや運動指導を行っております。

 

また、身体の状態に合わせた中敷き(インソール)作成や

 

家でも使える商品も取り揃えております

 

是非、お立ち寄り下さい!!

 

カラダのゆがみなどに関してお悩みがある方は、

KIZUKIへお越しください♫

KIZUKIではLINE@も開設しております

ID:vyp0802c

☆オトクなキャンペーン情報の発信

☆レッスンや施術のご予約に

☆トレーニングなどのご質問、情報交換 などなど!

ぜひお友だちになりましょう

カラダにキヅク、ココロにキヅク

Body Consulting Station KIZUKI

〒812-0046 福岡市博多区吉塚本町13-44

TEL:0926415255

KIZUKIのキャッチコピー
初回の方限定
  • コンディショニング
  • パーソナルトレーニング
  • 少人数制ヨガ
  • ウイメンズヘルスコンサル
オールインワンプラン
LINEはこちら
外観写真
カラダにキヅク、ココロにキヅク♪
Body Consulting Station KIZUKI
〒812-0046福岡市博多区吉塚本町13-44