特異的腰痛と非特異的腰痛

LINEで送る
Pocket

みなさん、こんばんは!

 

 

 

本日は「特異的腰痛と非特異的腰痛」について少し書きました。

 

 

聞いたことはありますか?

 

 

 

厚生労働省が3年に1度実施する
国民生活基礎調査によると、
普段感じている自覚症状の中で
腰痛症状は
男性で1位、
女性で2位となっており、
これは10年前と比べてみても
変わらない順位です。

 

shutterstock_181873589

また、
一生のうちに腰痛を経験する割合は83.4%

 

腰痛が原因で欠勤を余儀なくされる労働者は
25%に上るとされています。

 

 

 

 

腰痛診療ガイドライン2012によると

腰痛の原因は

脊椎由来

神経由来

内臓由来

血管由来

心因 性

の5つに大別され、

 

多彩な疾患が潜む中、
訴える腰痛がどのような病態なのかを
できるだけ正確に探る必要があるとされています。

 

 

脊椎由来であれば

椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
分離性脊椎すべり症
変性脊柱すべり症

などがあり、
病院の診察や症状と一致した画像所見で原因が特定できます。

これを特異的腰痛と言います。

 

 

 

 

対して、非特異的腰痛とは
明らかな原因のない腰痛のことを言います。
画像診断上の脊椎変性所見と症状は、
必ずしも一致しないため
一般的には非特異的腰痛の範躊に入れる場合が多いです。

 

 

 

その非特異的腰痛は
なんと腰痛全体の約85%を占め、

非常に高い割合です!

 

 

 

しかし、非特異的腰痛という
病名はいわば診断がつかない腰痛であり、
本当に適切な検査が行われているのかを
精査したうえで
判断されたものかを検討すべきでしょう。

 

 

 

 

さらに腰痛診療ガイドライン2012の内容では
「腰痛患者が初診した場合に必要なことは、
注意深い問診と身体検査により、
以下の3つの診断学的トリアージを十分に行うことである」
と記載されています。

 

1危険信号(腫瘍,炎症骨折など)の合併が疑われる腰痛
2神経症状を伴う腰痛
3非特異的腰痛

 

 

重篤な脊椎疾患の合併を疑うべきred flags(危険信号)
気づかずに施術や介入をしてしまうと
取り返しのつかないことに繋がりかねません!

 

 

ただ単に、硬い・痛いから揉む
身体評価がないまま施術を受けることは
なるべく避けましょう!

 
Body Consulting Station KIZUKIの施術では
必ず問診や理学所見のもと精査を行った上で
まず、施術できる状態なのかを判断し、
必要であれば連携医療機関への受診を打診しております。

 

 

 

 

「腰痛はあるけど、

病院にかかるまではない。

だけど、しっかり見て欲しい!」

 

 

 

 

 

このようなお考えがお有りの方は
ぜひ、お気軽にお問い合わせください!

 

 

 

 

 

 

 

Body Consulting Station KIZUKI
〒812-0046
福岡市博多区吉塚本町13-44
Tel:0926415255