変形性膝関節症について

変形性膝関節症とは、厚生労働省によると自覚症状を有する患者数は1000万人、潜在的な患者数は3000万人と推定されている。男女比は女性の方が男性の2倍程多い。

膝の軟骨がすり減り、骨が変形し、痛みを感じるようになり膝関節の働きが低下する病気です。主に加齢に伴い、膝のクッション役の軟骨・半月板などがすり減って痛みのような症状を引き起こします。原因は膝周囲の筋力低下や加齢などさまざまありますが、遺伝・肥満・運動不足などがいわれています。

問題点

変形性膝関節症において一番問題となるのは痛みであろう。痛みがあると動かなくなり運動不足、その結果、体重増加につながり膝関節への負担が増加するという負のループが完成してしまう。

また、変形性膝関節症だから痛いということは間違いである。データでもレントゲンの所見と痛みが必ずしも一致しないという。つまり、レントゲンで膝関節に軟骨の摩耗や半月板の変性があるからといって必ず膝関節に痛みがあるとは限らない。その為、その人の動きの中で負担になっている動きをチェックすることが大切になる。

アプローチ

・姿勢の改善

・膝関節の安定性、柔軟性の改善

・背骨の安定性、柔軟性の改善

・動作指導