変形性股関節症について

変形性股関節症とは関節軟骨の変性・摩耗により関節の破壊が生じ、これに対する骨の増殖(骨硬化・骨棘)を特徴とする疾患で、原疾患が明らかでない一次性股関節症と、何らかの疾患に続発する二次性股関節症に分類される。一次性の割合は日本では少なくほとんどが二次性の股関節症に分類されます。その中でも先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全によるいわゆる脱臼性股関節症が全股関節症の80%を占めるといわれています。圧倒的に女性の割合が多いです。

※先天性股関節脱臼とは、生まれつき何らかの原因で股関節が脱臼している。原因は解明されていませんが、子宮内での異常や遺伝などといわれています。

 

※臼蓋形成不全とは、臼蓋(股関節の屋根の部分)の不完全な発育により大腿骨頭への被りが浅い状態で、先天性股関節脱臼を起因とするものと、成長期の臼蓋の成長が進まない後天的なものがあります。

変形性股関節症には病気による分類があります。

 

1.前期股関節症(関節裂隙の狭小化なし 臼蓋形成不全あり)

2.初期股関節症(関節の不適合あり 軽度の骨棘形成 臼蓋の骨硬化)

3.進行期股関節症(部分的な関節裂隙の消失 骨棘形成 骨膿疱形成)

4.末期股関節症(広範囲の関節裂隙の消失・骨棘形成、臼底の二重像の骨嚢胞形成)

kokansetu

問題点

変形性股関節症は徐々に進行していく病気です。なぜ病気が進行するかというと股関節が不安定となり、股関節への負担が増えます。すると股関節は骨を変形させて安定性を得ようとします。その結果、関節可動域制限や痛み、歩行障害などを引き起こします。

重要なことは股関節の負担を軽減させることです。なるべく病期の進行が進んでいない段階で、臼蓋と大腿骨頭のズレないような関節運動を行うことです。

アプローチ

・姿勢の改善

・股関節の柔軟性の改善

・股関節の安定性の改善

・動作指導

・背骨の柔軟性、安定性の改善