めまいについて

memai

めまいは、からだのバランスを保つ機能に障害が起こると生じます。めまいの感じ方は、「自分のからだが回っている」、「自分のまわりの地球が回っている」、「雲の上を歩くようにふわふわする」、「谷底に引きずり込まれるように感じる」など、さまざまです。

めまいを訴える患者数は240万人と言われています。

身体の平行機能をつかさどる器官は三半規管、耳石器、前庭神経、脳幹、視床、大脳皮質があります。このどこの場所が障害されてもめまいは起こります。

三半規管はからだの動きをとらえる器官で、回転などの動きを鋭敏にとらえます。三半規管が障害されると回転するようなめまいが起こります。

耳石器は加速度や重力をとらえる器官で、ここが障害されるとふわふわするようなめまいがおこります。前庭神経が障害されると強い回転性めまいが起こります。また、脳幹は身体の位置、平衡をつかさどる神経が集まっています。ここが障害されても回転性めまいを起こすことが多いです。身体の情報は常に脳と連絡をとりあっています。その為、三半規管や耳石器の情報は前庭神経に伝えられ、そして脳幹へと伝達されます。その為、連絡を受ける脳幹、視床、大脳皮質が障害されてもめまいが起こるというわけです。

問題点

めまいには中枢性および末梢性のめまいがあります。中枢性とは脳幹、視床、大脳皮質など、末梢性は三半規管や耳石器によるものがこれに当たります。大切なことは中枢性もしくは末梢性によるめまいなのかの診断が大切です。

末梢性と中枢性めまいの特徴

memai

アプローチ

・姿勢の改善

・頸部、肩甲骨周囲の筋肉の柔軟性の改善

・自律神経の調整

KIZUKIのキャッチコピー
初回の方限定
  • コンディショニング
  • パーソナルトレーニング
  • 少人数制ヨガ
  • ウイメンズヘルスコンサル
オールインワンプラン
LINEはこちら
外観写真
カラダにキヅク、ココロにキヅク♪
Body Consulting Station KIZUKI
〒812-0046福岡市博多区吉塚本町13-44