皆様こんにちは!

Body Consulting Station KIZUKIの末永です!

いつもブログをご覧いただき有難うございます!!

本日も身体・健康にまつわる情報をお届けします!!

 

本日は、多くの人が一度は経験したことのある、

腰痛についてです!!

・長時間座っていると腰が張ってくる

・寝起きで腰が痛む

・夕方になると腰回りが痛くなってくる

・腰が痛くて歩くのがつらい・・・

・腰も痛いし、膝も痛い

・腰痛+肩こりが強い

と人によって悩んでいる症状は様々です。

 

そこで本日の内容は、
『腰痛について理解する~腰痛の原因と種類~』についてお伝えさせて頂きます☺

 

腰痛について

腰痛は、

生涯で日本国民の80%(成人)が経験する

といわれている一般的な症状です。

 

腰痛の訴えは、男性で1位、

女性でも肩こりに次いで2番目に訴えの多い症状で、

その数は、増加傾向にあります(厚生労働省 H25.国民生活基礎調査)。

 

さらに、最も訴えの多い年代は

なんと

35~55歳で生産性の高い年代です。

働く世代に多く、

腰痛の影響で仕事にも支障をきたしている人は、

多く存在しています。

 

 

腰痛の種類

腰痛は大きく分類して、

特異的腰痛』と

非特異的腰痛

に分類されています。

 

特異的腰痛』の場合は、

医師の診察や画像検査などで、

腰痛の原因が特定できるものです。

例えば、脊椎由来に含まれる、腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎分離すべり症などです。

 

非特異的腰痛』は、

厳密な原因が特定できないものです。

その比率は、

特異的腰痛15%で、

非特異的腰痛85%といわれており、

原因が特定できないもの多いとされています。

 

日頃、ただの腰痛と思っていても、

特異的腰痛の場合

重篤な病気が隠されていることがあります。

 

その為、

3つの診断学的トリアージが重要であるとされています。

図のように3分類され

重篤な症状がないかを診断することが重要だとされています。

そのため、医療的な視点での評価も必要となります。

 

非特異的腰痛は、

重篤な病気ではありませんが

原因がわかり辛く慢性化しやすいと言われています。

要因は多岐にわたり、腰だけでなく、様々なカラダの場所が影響していることもあります。

 

原因

原因は様々あります。

 

①姿勢の影響

②精神的ストレスによる脳機能低下

③自律神経の不調、筋力の低下

④過去のケガ(捻挫、骨折、事故、内臓の病気等)

などがあります。

 

その為、腰痛改善のためには、

不良姿勢を改善し、

運動などによって、筋力低下や血流やリンパ液などの循環不全を防ぐこと、

食事や睡眠などの生活習慣を調整することが重要となります!!

 

今後は、

腰痛の原因や対策を

発信していきます!!

身体や生活習慣のことでお悩みがある方は是非、
KIZUKIへお問合せ下さい♫

ご予約・お問い合わせはコチラ

●吉塚本店

住所:福岡県福岡市博多区吉塚本町13番44号

TEL:092-641-5255

URL:https://kizuki-lfp.com/shop/yoshiduka

吉塚本店写真

●高宮店

住所:福岡県福岡市南区高宮3-10-4

TEL:092-531-6979

URL:https://kizuki-lfp.com/shop/takamiya

高宮店写真

●西新店

住所:福岡県福岡市早良区城西1-6-10

TEL:092-577-5660

URL:https://kizuki-lfp.com/shop/nishijin

西新店写真

●コナミスポーツクラブ長崎店

住所:長崎県長崎市五島町5-38 コナミスポーツクラブ長崎内

TEL:080-3901-0573

URL:https://kizuki-lfp.com/shop/nagasaki

KIZUKI コナミスポーツクラブ長崎店写真

※コナミ会員様のみのご利用となります。

お申込みフォーム

体験、ご相談の予約はこちらから