皆さんこんにちは!

 

いつもブログをご覧いただき有難うございます!

 

本日は、健康と美容には絶対に欠かせない!!

 

「食物繊維」

その種類と役割に関してお伝えしていきたいと思います!

 

 

日本人は食物繊維摂取量が低下している!?

食物繊維と一言で表しますがとても多く種類があります。

 

日常の食生活において比較的食べる量か多い食物繊維の供給源として

・穀類

・芋類

・豆類

・野菜類

・果実類

・海藻類

などです。

 

しっかり摂取できていますか??

 

現代の日本は食の欧米化、ジャンクフード

コンビニ食など。。。

食物繊維を摂取する習慣が減っています!

 

それはなぜか?

 

レタスは1玉あたり300~500g

100gあたりの食物繊維は1.1gですから、全部レタスで摂取しようとすると

4〜5玉・・・・

 

これでも足りないぐらいです・・・・

 

戦後、日本人は平均して1日に約24gの食物繊維を摂っていました。

 

しかし!!右肩下がりに摂取量が減ってきています。

現代は平均摂取量は約13〜17gとなり

徐々に減少しつつあります。

 

健康的でいるためにも、食物繊維の摂取は大切になります。

 

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(2020年版)では

女性18 g以上、男性21 g以上(ともに18~64歳の場合)を食物繊維の1日の摂取目標量として定めています。

食物繊維は色んな食材に含まれている為、

組み合わせたり、現在の体調に合わせて摂取していくことで

20g以上の摂取も可能です♪

 

さて

必要な摂取量が分かったとこで今度は

食物繊維がなぜ大切なのかを解説していきます♪

 

なぜ食物繊維が大切なのか??

便秘の予防をはじめとする整腸効果だけでなく

・血糖値上昇の抑制

・血液中の中性脂肪の濃度の低下

・腸内環境を良いバランスに保つなど

多くのカラダの状態を整えるのに役に立つことが明らかになっています。

 

特に食物繊維を摂取して

腸内環境を整えていくことは

 

栄養の吸収率を効率化させ

免疫力向上、ストレスの緩和

など健康には欠かせません!

 

そんな腸内環境を整えてくれる食物繊維は大きく分けて2つあります。

 

食物繊維の種類

食物繊維の種類は大きく分けて2つ

不溶性食物繊維水溶性食物繊維です。

 

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維で

食べたときの食感や健康に対する働きが異なります。

様々な食品を組み合わせることで

上手にバランスよく摂取することがコツです。

 

不溶性食物繊維

1.保水性が高い

不溶性食物繊維は、蜂の巣やヘチマのように多孔質で

胃や腸で水分を吸収して大きく膨らみ

腸を刺激して蠕動運動を活発にして便通を促進します。

 

2.噛む回数が増える

不溶性食物繊維は

飲み込むためによく噛むことになるので

・食べ過ぎを防止

・唾液分泌を促し虫歯を予防

・顎の発育を促し

・ストレス解消へも繋がります。

 

水溶性食物繊維

1.発酵性

食物繊維は、大腸内で腸内細菌により発酵(分解)されると

ビフィズス菌優位の腸内フローラになり

腸内環境が改善され、整腸効果が期待できます。

水溶性食物繊維は不溶性食物繊維に比べて

腸内細菌による発酵(分解)を受けやすくなっています。

 

2.水に溶けネバネバ・トロトロする

水溶性食物繊維は水に溶けるとネバネバ・トロトロし

糖質の消化・吸収を穏やかにしたり

コレステロールの吸収を抑制してくれます。

腸内細菌の善玉菌の大好物の餌となります。

食物繊維がもたらす影響

食物繊維は腸内環境を整え
結果的に!
痩せやすい体質や健康的な体質へと変えてくれます。
腸内環境が整っていない状態だと
肌、筋肉などのカラダを作るために必要な栄養素を吸収できず
何も積み上がらない状態になってしまいます。
つまり
腸内環境を整えることは
未来のカラダ作りへと繋がります♪
そのために重要な
食物繊維を意識的に女性18 g以上、男性21 g以上
摂取することは重要になりますね♪
また具体的にどのような食物繊維が良いのか?
どのようなレシピがあるか?
後日配信していきますのでお楽しみに♪

最後に

KIZUKI独自のヘルスケアピラミッド!で栄養の大事さ

を再確認していただけたらと思います。

健康的な身体ベースである

  • メンタルバランス→考え方の癖、感情、今の心の状態
  • インナーバランス→食事や栄養など内部機能
  • アウターバランス→筋肉や姿勢などを支えている機能

の中でも今回は食物繊維について

つまりインナーバランスについて紹介しました。

 

どれが崩れていても「健康」の状態が保てません。

もちろん免疫力向上の妨げになります。

 

それぞれの機能を最大限に発揮する為にも

コンディショニング!整えることが必要です。

 

インナーバランスを整えることは

食習慣(食べるタイミングを含めた)や食事内容

栄養状態、栄養素の摂取バランスなどを整えることです。

 

つまり

自分のカラダの状態や生活習慣に「気付く」ことから始まります!

 

自分のカラダに耳を傾けてあげる事

そして生活習慣を改善して、明るい未来の健康体を手に入れましょう!

 

KIZUKIでは

免疫力アップや健康美についての動画配信をしています。

今起きている身体の不調や

今から起きうる身体の不調の原因に対して、

身体のケアや予防をするきっかけ作り

していきたいと考えおります‼️

是非、チャンネル登録して頂き、

毎日の身体のケアの一環としてご利用ください‼️

チャンネル登録はこちらから↓

https://www.youtube.com/channel/UC7M3MbvujwtR-IiBDK0EEDg